ワイキキのコンドミニアム、1ベッドルーム

メール

ワイキキのコンドミニアム、1ベッドルームは部屋タイプの中では最も活発に売買されています。

ハワイの海

ワイキキのコンドミニアム、1ベッドルーム

ハワイ不動産の中でも、ワイキキの1ベッドルームは、他の部屋タイプに比較して最も活発に売買されています。 日本でいうところの1LDKで、一般的には狭いと思われがちですが、土地が限られているワイキキでは、 この1ベッドルームが、1人、または、2人で滞在するちょうどいい部屋タイプとされています。
1ベッドルームは、ロングステイなどでも重宝されており、短期賃貸では、問い合わせが 多くなっており、通年で最も貸し安い部屋タイプです。
また、将来リタイヤした際には、1ベッドルームをハワイ別荘として使いたい、それまで賃貸物件として 貸し出してほしい、という申し出もあります。将来において経済状況が変わったり、 高額になってキャピタルゲインを狙うときにも、売買が活発な部屋タイプの1ベッドルームは、売りやすいので、 安心して保有できます。
特に2ベッドルーム主流の築浅のコンドミニアムの中に僅かにある1ベッドルームは、 価格は高めですが人気です。なかなか売り物件もでてきません。

2015年の1ベッドルームの不動産価格は、借地権つきが30万ドル台からで、土地所有権つきで ながめがいいなどですと、最低でも50万ドルほどになり、高額ではありますが、 需要が多く、売り買いも活発です。

当社では、1ベッドルームを短期にも長期にも貸し出していますが、 長期賃貸では、内装のいい1ベッドルームは、入居者の募集をかければ、数日で 適当な入居者を見つけることができます。これは、インターネットがなせる技ですが、 きれいな写真を公開すれば、たくさんので問い合わせの電話がかかってくるのです。

新築のコンドミニアムでは、ステュディオ同様に1ベッドルームの戸数は多くなく、 1ベッドルームの売買の主流は、ワイキキの古いコンドミニアムになっています。
以下には、ワイキキの1ベッドルーム主流のコンドミニアムを 売り物件のページとともに 列記しますので、コンドミニアムの地図なども、ご参考ください。

444ナフア(444ナフア)
アロハタワー(アロハタワーズ)
カンタベリー(カンタベリープレイス)
シャトーワイキキ
ダイヤモンドヘッドヴィスタ
ディスカバリーベイ
フォーパドル
イリカイ
イリカイマリーナ
リリウオカラニガーデン
パビリオンアットワイキキ
ロイヤルクヒオ
ヴィラオンイートンスクエアー
ワイキキバニアン(ワイキキバニヤン)
ワイキキランドマーク(ランドマーク)
ワイキキサンセット
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る