ハワイ不動産 土地購入

メール

農地や商業ビルなど土地の購入については、売り土地が目的とする利用が可能であるのか、土地利用規制(ゾーニング)を確認してください。ハワイ不動産の売り物件を検索するMLSには、その記載があります。また、土地ということでの検索もできますので、不動産エージェントにおたずねください。

ハワイカイの海

ハワイ不動産 土地購入

高級住宅地でも、コミュニティーにセキュリティーがある住宅地でも、いくつかの空き地がありますし、ホノルルの中心地を離れたノースショアなどには、多くの土地が存在します。また、住宅地と山の隣接地をホノルル市が売りに出すということもあります。財政難の補填にされるのでしょうか。
高級住宅街の土地はやはり高額で、数ミリオンの売り価格がザラにあります。 あるハラにあるオーシャンフロントの土地は、48ミリオンで、およそ3400坪の広大さがあり、海に面した長さは、110メートルです。
また、あるワイアラエイキの空き地は、壮大なオーシャンビュー、カハラホテルやワイアラエカントリークラブのながめがあります。豪邸が建てられる450坪の土地で、2.3ミリオンという手ごろな価格になっています。
http://matrix.hicentralmls.com/Matrix/Public/PhotoPopup.aspx?tid=2&mtid=1&L=1&key=10296136&n=11&i=0
土地を購入して、家を建てる場合には、建てる家の最低条件や理想的な間取りをいくつかデザインしてから、それを満たす条件の土地を購入しましょう。一戸建ての購入と同様に土地の購入にも測量や地域の条例、区画の確認が必要となります。
購入後は整地を行いますが、家の建つ位置を庭よりも心持ち高くして、平らになるのが理想です。平地の特に住宅密集地では、風通しのいい位置に家を持ってくるべきだと思います。ハワイは降雨量は少ないですが、湿気が無いということではありませんし、雨や湿気が山から運ばれてきます。また、土地の形状については、大雨の場合を想定して、水はけを考慮して最適な整地を工事業者へ依頼しなくてはなりません。 ハワイは、大雨になることが稀にあり、十数年前には、数ヶ月間雨が降り続いたということがありました。 もし、丘や山の土地を購入した場合には、土地を支える大きな木々や植物があっても、土台を固めるための工事をおすすめします。また、大きな傾斜があるので、段差ががある土地の場合には、その形状が維持できるかの調査をして確認し、必要であるなら、十分な補強をしてから、家を建てましょう。
家の建設にあたっては、ホノルル市に建設許可を取りますが、これは、建設業者のコントラクターによって、行われます。条例によっては、その地域の住人組合への報告が義務付けられています。この報告は、建てる家が、地域にふさわしい家であるのか、周辺の家のながめが維持されるのかなどのことを確認されるためです。 家を建てる目的ではなく、農地や商業ビルなど土地の購入については、売り土地が目的とする利用が可能であるのか、土地利用規制(ゾーニング)を確認してください。売り物件を検索するMLSには、その記載があります。また、土地ということでの検索もできますので、不動産エージェントにおたずねください。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      
ハワイカイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る