ハワイ不動産のローン滞り

メール

抵当流れや ショートセールになる前に不動産会社へ売却を相談した場合は、どんな状況であっても適正価格、売り手に 最大限の利益をもたらせるように売却を試みるのが基本です。

ハワイカイの海

ハワイ不動産のローン滞り

ハワイ不動産のローン滞りは、3ヶ月を過ぎれば、抵当流れ物件への手順へ行き、パワーセールとも言われるほどの早くそして着実という印象があったのですが、昨今では、銀行と債務者との話し合いが行われたり、ソフト化の傾向にあります。
ローンの返済の滞りは、貸し手である金融機関などがショートセールや抵当流れの処理を判断します。不動産会社へ相談しますと、不動産会社や売買エージェントによって対応が異なりますが、まず、不動産会社から買い取ると言われた場合は、適正価格ということは、あり得ないと理解したほうがいいでしょう。それは、買い取ると申し出た時点でその不動産会社は仲介業者から買い手に立場を変え、私利に基づいて行動するためです。買値を安くたたかれるのは当然のことと言えます。 当社では、本来の不動産会社の役割から離れることはなく、まず、物件所有者の利益を考慮し、 適正価格での売却を試みます。既にローンが数ヶ月滞っている場合は、つなぎ融資や個人投資家 からの援助資金を得てローンの支払いを済ませ、その間に市場に出して(売りに出し) 早期の売却を試みるというものです。
もし、個人投資家が資金を援助した場合は、弁護士作成による正式な書類によって契約し、 無事に売却されれば、エスクローが個人投資家へ資金が返済されるように手続きします。 ハワイ不動産にまつわる借金が複数ある場合は、その売却資金をエスクローが分配するのです。 エスクローが売買の監視をするというのは、資金の流れを明確にし、正当に支払われる任務を履行することでもあります。ですが、ひとつ気をつけなくてはならないことは、その ハワイ不動産が いったいどのくらいの価値があり、どの程度の借金があるのかということです。1ミリオンの物件に 1ミリオン以上の借金がある場合に、売却資金で借金の全てを完済することは不可能 です。つなぎの融資を試みても物件所有者に手持ちの資金がなければ、返済できる見込みはありません。(もともと手持ちの資金がないので、ローン返済も滞っています) リフォーム代金や家の建設費用などの不動産にまつわるいろいろな抵当権がついている場合、 その不動産が売却された場合に債権者に支払われる順番は決まっています。 その優先順位があとになればなるほど、返済される可能性は低くなります。 最も優先される支払いは固定資産税です。
よって、不動産価格を上回る借金がある場合は、つなぎの融資を得ることは無意味ですし、 その可能性もありませんので、債権者(銀行など)の指示に従って 抵当流れやショートセールとなります。しかし、売却費用でローンを完済できなかった場合、債権者は未払いのローン残高の支払いを要求する権利があります。よって、抵当流れやショートセールになる前に不動産会社へ売却を依頼した場合は、どんな状況であっても適正価格、売り手に最大限の利益をもたらせるように売却を試みるのが基本です。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      
ハワイカイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る