ハワイ不動産のタウンハウス

メール

価格が低いので、一戸建てよりも売買が活発で、売り安い、また、家賃設定も相場が把握しやすく貸し安いので、投資物件としても適当であると思います。将来は、ハワイ別荘として滞在するが、それまでは、賃貸物件として所有しておきたいなどですと、タウンハウスは、好ましいタイプのハワイ不動産です。

ハワイカイの海 おすすめのハワイカイの運河に面したタウンハウス、対岸より撮影

ハワイ不動産のタウンハウス

日本にもタウンハウス、テラスハウスと呼ばれる集合住宅があります。ハワイでは、その両方を テラスハウスとよばれています。
一戸建てをつなげたような建物で、壁を共有しています。敷地には、境はなく、共有施設がある場合があります。 暗証番号を押してはいるセキュリティーゲートや、広い敷地を有するタウンハウスでは、セキュリティーガードマンがゲートの常駐しているなどの安全なタウンハウスもあります。
共用設備は、コンドミニアムと同様にバーベキュー、スイミングプール、ジャグジー、ジムなどです。 タウンハウスは、一戸建てのような住まいを感じながら住むことができます。緑の庭や木々を目の前に感じることができるのは、大きな利点です。また、誰かが管理をしてくれているので、一戸建てのように自分ですべてを行う必要はありません。それも、大きなメリットです。
タウンハウスは、1ベッドルーム、2ベッドルーム主流で、3ベッドルーム以上の物件は多くありません。 また、一戸建てよりも価格が低く、一戸建てのおおむね半額程度となっています。と言っても、カポレイやミリラニ方面では、最低でも40万ドルほどで、その先のコオリナは、50万ドル、人気のハワイカイになりますと、50万ドルから1ミリオンとなります。ハワイカイは日本人も住みやすい地域ですので、おすすめです。また、最も人気があるのは、運河が目の前のウォーターフロントです。もし、40万ドル台などがでたら、検討する対象になさってください。 船着場がありますので、ボートがあれば、海へ出て行くことが出来、釣りやセーリングを楽しめます。
欠点は、コンドミニアムと同じように管理費があります。この管理費は、住人で決定していますので、自分で金額を決定しているようなものですが、もし、高額になる理由があれば、それは、大きな欠点でしょう。この管理費の中には下水道料金や水道料金、電気代が含まれる場合も含まれない場合もあります。また、コンドミニアムに比べて、住人組合の規模が小さくなりますので、馴染めないという場合もでてきます。
ですが、価格が低いので、一戸建てよりも売買が活発で、売り安い、また、家賃設定も相場が把握しやすく貸し安いので、投資物件としても適当であると思います。将来は、ハワイ別荘として滞在するが、それまでは、賃貸物件として所有しておきたいなどですと、タウンハウスは、好ましい住宅のタイプです。
SANADAインタ-ナショナル ハワイ不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る