ハワイ不動産の戸建て売却作戦は、購入の時から始まっている

メール

ハワイ不動産の大きな欠点がある家は、売却のときに売れにくいので、購入しないようにすべきだと思います。ハワイ不動産の売却は購入したときから始まっているのです。

ハワイカイの海

ハワイ不動産の戸建て売却作戦は、購入の時から始まっている

ハワイの一戸建ての売却の容易性は、大きな欠点がないことが一番に挙げられます。 その次には、価格と内装に大きなウエイトがあり、内装が豪華であれば、高額の価値があります。 改装しないで売りに出すということもできますが、周辺に改装した豪華で新しい一戸建てが多い場合には、改装して売りに出すのが望ましいでしょう。 改装していない場合は、価格設定を低くする必要があります。
一戸建ての価値を上げる改装には、家を大きく広げたり、 壁やゆか、キッチンやバスルームを豪華にし、家具を新調したり、スイミングプールを設置したりすることが有効です。
もし、冬のハイシーズンを過ぎても売れ残っている一戸建ては、どの点が売りにくいのか、物件見学した買い手や買い手の不動産エージェントの意見を参考にして、再考するのも、ひとつのアイデアです。
・いくらであったなら、購入に至るのか。
・家のどの点が、問題であるのか。
・それによって、売れる家にするには、どのようにしたらいいのか、という判断材料にできるかもしれません。
一戸建ては、コンドミニアムとは異なり、近隣や過去の売買履歴を参考にして 適正価格を判断しますが、大きな欠点があれば、なかなか売れません。 当方の経験では、
・となりのコンドミニアムが建っており、上から覗かれる様な位置の家である。
・家のとなりに川がある。
・家のとなりに配電所や変電所、送電所がある。
・切り立った急な崖に隣接した家。
・大通りに面した家で騒音がある家。
・門から家までの坂が急である。
・道路から門へ車での進入が難しい家。
・天井が低い。
・狭い部屋に区切られていて、広いリビングルームが全くない。
・屋内に修正できない段差が多い、または、大きな段差がある。
・複雑な間取りの家。
・部屋の数に比べて、バスルームが極端に少ない家。
などですが、以上ような大きな欠点がある家は、売れにくいので、購入するときに注意して検討対象からはずすべきだと思います。 ハワイ不動産の売却は購入したときから始まっているのです。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る