ハワイ不動産購入のときに、ハワイの景気を読む

メール

ご自分を信頼なさって、購入したくなった時が買い時、必要になったときも買い時、買いたい物件が出てきたときも買い時であると理解し、景気よりもご自分の気運をご信頼なさることをおすすめします。

ハワイ

ハワイ不動産購入のときに、ハワイの景気を読む

ハワイ不動産購入において、景気を読むことは、前提として必要なことかもしれませんが、それは、安心のためにあるのであり、実際にはあまり役に立ちません。 それは、明日には、何が起こるのかはわからない危うさが世界にはあるからです。 何の前触れも無く株式市場暴落ということもあります。 株式市場が暴落するのは、暴落を仕掛けられている場合と、金融危機が引き金になる場合がありますが、昨今の株式市場は実体経済を反映していませんので、理由がなくても暴落するときは暴落して、世界経済に大きく影響を与えます。 また、リーマンショックのように、大型金融機関が倒産することもあるでしょうし、ある国家が金融破たんするかもしれません。デフォルトです。
そのような時に、ハワイの景気を読んでもあまり意味はありませんが、もし、ハワイ固有の景気を読むのであれば、失業率やホテルの客室占有率を、報道によって知ることができますが、これは、景気を良くしようとする思惑が絡むことがありますので、注意して聞き流す必要があります。
ハワイの住人にとっては、そのような数字は不要かもしれません。肌で感じる景気感をご自分で分析してみてください。 いつも行くレストランが流行っていない、小売店舗が閉店した、ショッピングセンターに空き店舗が多いなどですと、景気は悪くなっていますし、給料が上がった、顧客が増えた、いつも読んでいるフリーペーパーに広告が増えているなどは、景気はよくなっているといえるでしょう。
新聞を読むよりも、個人個人の財布の引き締め具合も参考になりますので、ご自分の感覚で、ハワイの景気を読んでください。
不動産関連では、不動産売買が活発な時期は景気がいい、または、景気がよくなると判断できますが、それは、不動産を購入する人が多くなれば、付帯する家具や家庭用品も一緒に売れるようになるからです。しかし、人々が不動産を購入するのは、景気がいいからというだけでなく、世の中に悪いニュースが無く、安定感があるからということが正解だと思います。
上昇基調が激しい時期には、適当な物件に複数の買い注文が入るなど購入が難しい時期かもしれません。さりとて下落傾向のときには、どこまで下がるのか見極めて、底値で購入しようとする買い控えが起こりますので、こちらも、不動産売買は活発にはなりません。
よって、最も売買がさかんになる時期は、不動産価格横ばい、または、ごく緩やかな上昇気運があるときだと思います。しかし、相場の上下で利益を上げる人にとっては、面白くないので、突然株式市場暴落などが起こされます。そして、一時的ではありますが、不動産市場も凍りつくことになるのです。
ですので、ご自分を信頼なさって、購入したくなった時が買い時、必要になったときも買い時、買いたい物件が出てきたときも買い時であると理解し、景気よりもご自分の気運をご信頼なさることをおすすめします。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      
ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る