>

ハワイ不動産とオーナー保険

メール

多額になる損失をカバーするためにも、ハワイに不動産を購入したのであるなら、オーナー保険に加入すること、そして、特別な何かを補償する保険をご検討でしたら、保険を販売している日本語を話す担当者から十分に話を聞くことをおすすめします。

ハワイの海

ハワイ不動産とオーナー保険

ホームオーナー保険は、不動産が損害を受けた場合に保険会社が損害補償してくれる保険です。 ご自分の不動産が損害を負った場合と、他の不動産に損害を及ぼした場合に補償されます。 ただし、原因とされるものには、保険会社との契約に基づいて設定されます。 一般には、強風、盗難、偶発的な水害、爆発や火災など、契約された起因について補償されます。
この保険に該当しない別の保険には、ハリケーン保険などがあげられ、 別に契約される場合が一般的です。 オーナー保険には、強風による損害が含まれる場合が多いのですが、ハリケーンとの区別は、全米気象庁がハリケーンの警報中に発生した損害はハリケーン保険で損害補償されます。
火災を起因とする保険の場合には、材質や広さによる総建築費を算定して、補償額を設定します。ローンを組む場合には、貸し手の金融機関は火災保険をかけることを条件とします。
不動産内の家財や私物までが、補償されますが、高価なジュエリーなどは限度額があります。また、個人の私物を外出時に持ち出して、被害にあった場合に適用される保険もありますし、車や家とセットになった保険もあります。また、ハワイ不動産は高価ですので、総建築費はミリオン以上に算定される場合が多くなっていますので、保険の補償額も多額になります。
どのようなことで、他の不動産に損害を与えるのかという例では、火災や水漏れがありますが、他の不動産のオーナーから損害賠償請求を受けた場合にそれらも補償される保険ですので、多額になる損失をカバーするためにも、ハワイに不動産を購入したのであるなら、オーナー保険に加入すること、そして、特別な何かを補償する保険をご検討でしたら、保険を販売している日本語を話す担当者から十分に話を聞くことをおすすめします。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る