ハワイ不動産を日本にある不動産会社から購入する場合

メール

もし、日本にある不動産会社からハワイ不動産を購入する場合は、不利な要素がないか、確認してください。物件見学や案内について無料であること、売買にかかわる不動産会社への手数料がかからないことなどです。

ハワイカイの海

ハワイ不動産を日本にある不動産会社から購入する場合

もし、日本にある不動産会社からハワイ不動産を購入する場合は、不利な要素がないか、確認してください。 物件見学や案内について無料であること、売買にかかわる不動産会社への手数料がかからないことなどです。 また、日本の不動産会社とハワイの不動産会社が提携している場合は、そのハワイの不動産会社が抱えた売り物件のみを案内されることのないよう、現在の全ての売り物件の記載があるMLSリストを見ることができること、そして、ご自分の条件を満たした物件を選択できる売買を指示してください。 MLSリストは、全ての売り物件だけでなく、現在の価格相場も理解できるようになっていますので、これを確認するだけで、割高な物件をすすめられたりすることは、避けられます。
割高な物件をすすめられるという点では、過去に新築コンドミニアムの購入において、日本にある不動産会社から購入し、仲介手数料は不要でしたが、上乗せされた価格で購入された例がありました。これは、不動産会社が手数料を受け取らないかわりに、ハワイで売られている価格より、引き上げて売っていたというものです。これは、MLSリストにも記録が残っていたのを目にしたことがあります。
これはダブルエスクローと呼ばれ、買い手が、日本の不動産会社へ購入する意思を伝えた段階で、購入対象物件が、日本の不動産会社へ購入され、そして、その日本の不動産会社が上乗せして売りに出した物件を購入するという手順です。はじめから上乗せ価格で物件の案内がされていたようです。 言い方を変えますと、日本の不動産会社がその物件を購入する手続きと、その不動産会社所有になるその売り物件を買い手が購入する手続きの2つの売買が、同時に行われ、エスクローがそれぞれの売買に関わるということで、ダブルエスクローと呼ばれています。
新築の場合は、直接、ハワイの不動産会社、または、開発業者へ直接確認することをおすすめしますし、上乗せされた価格であれば、これを買い手にしらせるべきだと思います。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイカイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る