ハワイ不動産の新築コンドミニアム購入の注意点

メール

前の空き地にビルが建てば、大きく資産価値が損なうと予想しながらも、 実際に建ってみて、予想と現実の落差に後悔するといった物件所有者が、多くいたはずです。 そのようにならないためにも買い手は賢く、そして、後悔のないように物件の位置や眺望を見定めることが大切です。

ハワイの海

ハワイ不動産の新築コンドミニアム購入の注意点

前の空き地にビルが建てば、大きく資産価値が損なうと予想しながらも、 実際に建ってみて、予想と現実の落差に後悔するといった物件所有者が、過去には多くいたはずです。 そのようにならないためにも買い手は賢く、そして、後悔のないように物件の位置や眺望を見定めることが大切です。

全体の建設計画から判断することは

  • 建設予定のコンドミニアムの高さとそれらの配置。
  • 全体の完成図や立体図によってコンドミニアム同士の空間や 個々のコンドミニアムからのながめをどのように確保しようとしているのか。
  • 建築予定地区周辺の空き地と開発される可能性について。
  • 建設計画の変更の可能性について。
  • できれば、既に完成している周辺のビルやコンドミニアムから、建設用地をながめて、 ながめの方向性を掴む。

  • ご希望のコンドミニアムが決まったら、その物件について確認すること

  • 海や山まで見通せるながめと空間がどの程度あるのか。
  • ながめと価値に対する価格が適当であるのか。他の物件とも比較してみる。
  • 最も近いビルまでの距離。
  • 日本人にとっては、陽のさす方向も確認したほうがいいでしょう。
  • 周辺が大きく開発されたときの最悪の状態を想定したながめの構図と、それらを考慮して、その価格で納得できるのか。
  • また、新築ビルの一般的なハワイ不動産を購入するということでは、契約内容について、従来の一般的な契約と異なる点の有無、有れば、有る事による 購入者の利点と欠点など、売買エージェントの経験に基づく判断が重要とされると思います。 そして、豪華でワンランク上のなどのラグジュアリーの指定があるなら、そのデザインの主なモチーフとは何か、 該当する価格が適当であるのか否か、また、 開発業者についての情報、裁判の有無や過去に建設した物件についての情報などを精査すべきでしょう。

    SANADAインタ-ナショナル不動産売買
    プラスセブン不動産            
    代表取締役社長 : 真田俊彦      
    ハワイ

    ハワイ不動産

    ハワイ不動産投資環境

    ハワイ不動産市場や相場

    ハワイ不動産売買

    ハワイ不動産賃貸

    ハワイ不動産の管理や維持

    ハワイの一戸建て

    ハワイのコンドミニアム

    ハワイ不動産の設備や内装

    新築コンドミニアム

    オアフ島、住宅地<

    ホテルコンドミニアムについて

    ハワイ不動産の他のトピック

    ハワイ不動産のローン

    ページのトップへ戻る