ハワイ不動産購入のローン

メール

頭金やその他のローンを組む際の条件や利率は、ローンを組む人の資産状況や収入などによって、異なりますので、物件購入の前に、ローンオフィサーにご相談ください。

ハワイカイの海

ハワイ不動産購入のローン

一時期は、ハワイ不動産購入ローンを日本で組めることがありました。 これは法律の規制ではなく、個々の銀行、ローン会社の判断となりますので、日本の銀行が、ハワイの物件についてもローンを組めると判断したためです。 ですが、日本の銀行が、ハワイの物件に抵当権をかけるなどのことはできませんので、ハワイにも支店があることが条件となるでしょう。2017年現在では、あいにく、ハワイ不動産を担保にローンを組める日本の金融業者については、当社では把握してはおらず、不可能であるという認識を持っています。
さて、ローンの条件は、こちらも、個々の金融業者によって異なるのですが、ハワイの特徴がありますので、お知らせします。 ホテルコンドミニアムにおけるステュディオについては、ローンを組めません。 ですが、ステュディオでもフルキッチンで、コンロがカウンターと続きで埋め込まれたタイプですと、ローンを組める可能性があります。 また、1ベッドルーム以上は、基本的にローンが組めるのですが、ローンによっては、物件所有者の占有率が条件となる場合があります。 これは、購入対象のコンドミニアムに物件所有者自身が住んでいる割合です。コンドミニアムのレジデントマネージャーやコンドミニアムのビル全体をマネージしているマネージメントカンパニーがこの数字を持っており、コンドミニアムによって、一定以上のハワイ別荘が多かったり、賃貸が多かったりすれば、ローンが却下されます。おおむね50パーセントがボーダーラインです。
また、頭金は、ハワイにとって、外国人である日本にお住まいの日本人は、物件価格の3割から4割が必要です。 ですが、頭金やその他のローンを組む際の条件や利率は、ローンを組む人の資産状況や収入などによって、異なりますので、物件購入の前に、ローンオフィサーにご相談なさって、ローンが組めるのかどうか、有利なローンを探すなどを事前に済ませておくことをおすすめします。ローン必要書類も人それぞれで異なります。残高証明や収入の証明書類だけでなく、会社を経営している場合は、その証明などです。全て英語に訳された書類となります。
ただ、事前のローン査定で、ローンを組めるという結論が出たからと言って、購入手続き中に、正式なローンが組めるということではありません。 上記の購入対象物件がローン条件を満たさなかったりしますし、全てにおいて、何ら問題がなくても、正式なローンの可否の確定までに時間がかかったり、最終的にローンが下りなかったこともあります。よって、事前のローン査定が確定ではないことを理解してください。
もし、ローンが組めなかった場合には、購入手続きはキャンセルになって、デポジットは返却されます。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      
MoanaluaGarden

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る