アフォーダブルのハワイ不動産とは

メール

一般的には、低い価値のハワイ不動産を安く販売するのではなく、価値有るハワイ不動産を低価格で提供されるのがアフォーダブルであると、と理解したほうがいいでしょう。注意点としては、転売するときの条件についても確認することを おすすめします。

ハワイの海

アフォーダブルのハワイ不動産とは

賃貸の取締りを厳しくするより先に需要に追いつくような住宅対策を政府は、施すべきだという意見を述べましたが、わずかではありますが、アフォーダブル賃貸や住宅の建設は進んでいるようです。
まず、カポレイでは、320軒の一戸建ての賃貸住宅のプロジェクトを推進しており、月額賃料の推定は、1ベッドルームは551ドルから3ベッドルームの場合は2,701ドルになるそうです。 また、長い間空きであったダウンタウンの商業ビルをアフォーダブルの住宅に改装しなおすというプロジェクトもあります。このビルは、 1270 Queen Emma Stにあり、1969年築です。79の住宅ユニットに変更されるスペースと、1,400sq 120平方メートルの商業用スペースも有しています。久しぶりに出たマッカリー地区の新築コンドミニアムもアフォーダブル住宅です。
さて、アフォーダブルの住宅は、安っぽい不動産というわけではありません。もちろん、豪華コンドミニアムとは内装は異なりますが、余分なコストを削って建てられた住宅で、それ自体は遜色ありません。801 サウスストリートというコンドミニアムを例にとりますと、スイミングプールなどの共用施設は省かれていますが、建築自体は素晴らしいものです。分譲したときには、アフォーダブル住宅価格であったものが、再販のときには、アフォーダブル価格では取引されずに、新築コンドミニアム同様の価格であったことからもわかります。不動産自体には、何の遜色もないのです。個々の物件によって多少異なりますが、一般的には、低い価値のハワイ不動産を安く販売するのではなく、価値有るハワイ不動産を低価格で提供されるのがアフォーダブルであると理解したほうがいいでしょう。
ただ、購入者にはいろいろな制限がついています。アメリカに住む市民権やグリーンカードがあることや、収入額の上限などが多いでしょうし、一定期間は住むことも条件とされます。ただ、ローンを組む場合には、低金利や税制面での優遇を受けられることが多くなっています。
売却する場合には、条件がある場合もない場合もありますが、一般に売り出すことが禁止されて、開発業者が買い戻す条件ががついている場合や、購入してから売却するまでの期間の制限、優遇策に起因する資金の政府、または、開発業者へ返済などがあげられます。
よって、注意点としては、転売するときのこれらの条件について確認することをおすすめします。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      
ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る