ハワイ不動産 コンドミニアムのセキュリティードア

メール

ハワイ不動産をご購入しようとする場合には、コンドミニアムのビルにセキュリティードアがあることを条件となさってください。

ハワイ

ハワイ不動産 コンドミニアムのセキュリティードア

住むときに、不動産である部屋の良さを十分検討するのは、当然のように行われていますが、セキュリティーにも目を向けるべきで、まずは、コンドミニアムのにセキュリティーがある不動産をご検討ください。
セキュリティーの筆頭に上げられるのが、セキュリティードアです。 セキュリティードアは、昨今の日本のマンションにも採用されているので、馴染み深くなっていますが、ハワイのコンドミニアムの多くにフォブが使われており、これないとビルには入れません。フォブは特定の箇所にかざすと、セキュリティードアのロックを外すものです。セキュリティードアがあるコンドミニアムと、セキュリティードアがないコンドミニアムでは、危険性があるのは、セキュリティードアがないコンドミニアムで、セキュリティードアがあるだけで、狙わる確立は低くなります。セキュリティードアの無いコンドミニアムでは、セキュリティーガードマンが、モニターで常時安全を確認していても、それは、事後のことであって、抑止力にはなりますが、完璧ではありません。また、セキュリティードアがないコンドミニアムは、ホテルなどと同様にビルの中でも公道と同様に用心しなくてはなりません。エレベーターや部屋に入るときにも十分に注意する必要があります。
セキュリティードアがあるコンドミニアムは、ある程度のセキュリティーを考慮する住人が集まって住んでいますので、住人はセキュリティーについて知ってますが、もし、短期でコンドミニアムに滞在する場合には、注意があります。テイルゲートと言いますが、うしろから続いて入ってくる人を何も確認せずに入れてしまうことを言います。もし、あとに続いてセキュリティードアを通ろうとする人がいれば、フォブを所持しているのか、そのコンドミニアムの住人であるのか、確認するべきとなっています。
セキュリティードアのあるコンドミニアムでは、滅多に事件があることはありませんが、もし、コンドミニアムの掲示板などにテイルゲートに関する緊急の張り紙などがあると、「アッ、このコンドミニアムで何か事件が起きたな」と思います。セキュリティードアがあるコンドミニアムでも、お部屋のドアをノックする人がいる場合には、ドアについているのぞき窓から、訪問者が誰であるのか、確認すべきでしょう。特にご家族の誰かの帰宅を予想していたとしても、確認することを怠らないようにするクセをつけることが安全につながります。当社の賃貸物件では、幸運なことに事件が起きたことがありません。のぞき窓の下には、以上の内容の注意書きとセキュリティーガードマンの電話番号が書かれていることや、ご滞在の人の認識の高さゆえだと思います。
ですが、外では、スリや車をこじあけられたなどの事件に巻き込まれるケースが、当社の賃貸物件にご滞在の際にありました。そのような事件が起きたのは、全て、年末のクリスマスシーズンです。楽しいシーズンですが、コンドミニアムでも用心が必要な時期だと思いますし、セキュリティードアがあることが、まずは、ご滞在になる全ての人の安全を図ることにつながります。
よって、ハワイ不動産をご購入しようとする場合には、コンドミニアムのビルにセキュリティードアがあることを条件となさってください。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る