活況時期のハワイ不動産購入

メール

いいハワイ不動産を見つけたら、まずは、購入する権利を確保することが重要になります。

ハワイの海

活況時期のハワイ不動産購入

不動産価格動向とハワイ経済は、お互いに影響しあっていることは、皆さんもご存知だと思います。 ですが、不動産価格動向は横ばいで、経済には何の主なニュースもなく、どのような傾向にあるのか不明な時期には、ハワイの場合は、失業率やホテル占有率が参考になります。雇用が安定していれば、ローン支払いで困る人はおらず、ホテル稼動動向が観光業が順調であることの証明となるからです。
また、アメリカ全体に及ぶ政策や指針も参考になります。新大統領が選出された時期などは、国民が望む公約がずらりと並び、人々の気持ちが明るくなるので、経済も上向き、不動産市場にも光が射します。 また、日本の方々のハワイ不動産購入は、円高が追い風になりますし、ハワイの冬や夏のハイシーズンには、不動産がよく売れる時期です。
ハワイの不動産エージェントが使用するMLSの売り物件リストから見える活況であると証明できる数字は、
1、個々の売り物件の売買契約されるまでの日数が短くなる。
2、売買契約されて、購入されていく物件が多くなる。
3、新たな売り物件がたくさん出てくる。
4、売買契約価格が、売り手の言い値に近い価格である。
5、内装の古い物件でもよく売れている。
などになります。
ただ、ハワイ不動産市場全体の購入気運が高まった時期と、個々の買い手が購入しやすい時期、いい売り物件がたくさんある時期とが、重ねれば幸運ですが、そのようなことは、多くありません。ハワイ不動産がよく売れる時期は、複数の買い注文がはいって、理想の物件を購入できなかったり、売り出し価格よりも高く買われて価格交渉ができないなどのことがあるからです。自分が買いたくなる時期には皆が買いたくなる時、自分が買いたい物件は皆が買いたい物件である場合が多いのです。 このような時期に日本でハワイ不動産の買いたい物件を発見したときには、ハワイへの旅程を立てることと同時に、買い注文入れることをおすすめします。 そして、ハワイで物件見学をして、そのまま購入手続きをすすめるのか決定します。もし、ハワイへ渡航できないときには、不動産エージェントに詳細な写真や動画の撮影を依頼して、その資料によって判断してください。キャンセルできるということを理解し、まずは、購入する権利を確保することが重要になります。なお、キャンセルする場合は期限と条件がありますので、ご注意ください。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る