ハワイコンドミニアムと通信手段を提供する会社について

メール

ハワイコンドミニアムの大規模修繕費を見据えている経費だけでなく、普通の運用においてさえビル管理費は高額であるので、それには、何が含まれるのか理解しましょう。

ハワイカイの海

ハワイコンドミニアムと通信手段を提供する会社について

ハワイ不動産の欠点があるとすれば、不動産維持にかかわる経費が高いということです。 古いコンドミニアムにおいて、大規模修繕費を見据えている経費だけでなく、普通の運用においてさえ高額であるので、何が含まれるのか理解しましょう。
テレビを視聴するためには、ケーブル代を提供する会社と契約してケーブル代を支払わなくてはなりません。ケーブルの支払いは、以前は、コンドミニアムが行っていましたが、昨今は、個々のユニットが支払うべきというシステムに変わりつつあります。それは、インターネットと屋内電話、テレビのケーブル代が、セットで割引などがあるために、利用する個人の選択に任せるようにしたということがあると思います。このセット料金は、ハワイでは主に2社の大企業が顧客獲得で競っています。
ハワイアンテレコムという電話会社とオシアニックケーブルというテレビケーブルの提供会社です。どちらも普通に利用している場合には、変わらないのですが、もし、モデムが壊れたり、修理が必要になった場合の対応が大きく異なります。ハワイアンテレコムの修理はおおむね数週間後に設定されますので、その数週間はインターネットや屋内電話が切断されたままで待たなくてはなりません。テレビが見られなくても数週間は問題ないかもしれませんが、オフィスの電話やインターネット回線なしではビジネスが成り立ちませんので、大きな問題となるでしょう。一方、オシアニックケーブルは、修理が必要でなければ、壊れたモデムをオシアニックケーブルへ持参して取り替えてもらうだけです。この両社の違いは、サービスの質というよりも、ハワイアンテレコムは電話線を利用しているためにテクニシャンによる修理が必要ですが、一方のオシアニックケーブルは、テレビのケーブル線、または、インターネット回線を利用しているので、多くの場合では、本社のコンピューターで不具合の原因をつきとめることができるようです。よって、当社のほとんどの管理物件では、オシアニックケーブルを利用しています。
なお、電話を含めてハワイアンテレコムから、オシアニックケーブルへ提供会社を変更した場合、引越しなどで地区が変わらなければ、電話番号は変更されません。ハワイアンテレコムから、オシアニックケーブルへの変更手続きは、オシアニックケーブルへ申し込みをした時点で、ハワイアンテレコムへその電話番号が連絡されます。そうしますと、ハワイアンテレコム側では、ひとりの顧客を失うことになるので、もし修理によって数週間待たされる予定だった場合には、その数週間が数日に短縮して修理を優先するというオファーをされることがあります。ですが、その時点では、既にオシアニックケーブルへ申し込みを済ませているので、そのオファーは無駄です。 上記の2社以外にもいくつかの通信手段を提供する会社がありますので、十分比較してご選択ください。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る