ハワイ不動産の賃貸期間

メール

短期賃貸や長期賃貸の特徴を理解して、最適なハワイ不動産の賃貸形式を選んでください。

ハワイの海

ハワイ不動産の賃貸期間

ワイキキは、日貸しができるコンドミニアムと、そうではないコンドミニアムとありますが、何が、制限しているのでしょうか。通常は、コンドミニアムのハウスルールによって、第三者との賃貸契約の契約期間が決まっていますが、ハウスルールで決まっていなくても、日貸しができないコンドミニアムがあります。それは、ゾーニングというその地域の土地利用規制によって決まっているのです。
よって、ハウスルールに書いていなくても、賃貸期間は決まってきます。 ただ、ワイキキの多くは、半年以下、数ヶ月などの月単位で貸せるコンドミニアムがあります。カカアコの一部のコンドミニアムも最低一ヶ月からとなっています。ロングステイやバケーションレンタルで貸せるのです。また、ワイキキでも物件所有者の集まりが最低3ヶ月と規定しているコンドミニアムも多くあります。日本人のアメリカの最大滞在日数は90日間ですが、当社では3ヶ月契約として日本人の短期滞在で貸しています。
ワイキキの外は、おおむね最低半年からの賃貸契約となっています。最低6ヶ月ですので、1年でも2年の賃貸契約でも可能です。
短期契約の1ヶ月賃料は、長期契約賃料よりも数割り高い賃料設定です。また、夏と冬の需要の多い時期であるハイシーズンには、シーズン料金が適用されて、さらに数割の高い賃料設定になります。よって、短期のハイシーズンは、長期契約の2倍ほどの1ヶ月賃料なる場合もあります。短期契約のハイシーズンとは、夏の7月、8月と 冬の12月から、3月までの時期です。また、年末年始を含む短期契約は、ホテルなみの高い宿泊料金を設定している物件所有者や不動産会社もあります。
ただ、長期契約の場合には、賃貸契約した期間は、コンスタントに家賃がはいってきますが、短期契約の場合には、コンスタントではありません。それは、予約者がキャンセルすることがあるからです。冬のハイシーズンには、賃貸需要が高いので、キャンセルされても、新たな予約者を得ることは難しくありませんが、その他のシーズンでは、キャンセルで空きになった期間にピッタリ収まる次の予約者を見つけることは難しいので、空きのままになる可能性が高いのです。 短期賃貸や長期賃貸の特徴を理解して、最適なハワイ不動産の賃貸形式を選んでください。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る