ハワイ不動産の権利保険(権限保険、タイトルインシュアランス)

メール

広い意味では、ハワイ不動産の売買や不動産自体が正当であるという証明に、この権利保険(権限保険、タイトルインシュアランス)が利用されています。

ハワイカイの海

ハワイ不動産の権利保険(権限保険、タイトルインシュアランス)

ハワイでは、この保険をタイトルインシュアランスと呼んで、一般的に不動産にかけるオーナーインシュアランスと区別しています。 ハワイ不動産売買の特徴なシステムの中で、タイトルインシュアランスは特別な意味を持ちます。直訳しますと、「不動産所有の権利を保証します」です。もし、エスクローを利用しないで、不動産売買が行われ、この保険に加入する機会がなかったら、不動産自体が、正当なものであるという保証がないということになりますし、売買行為自体も保証できるものではないかもしれません。 権利保険会社は、保険を承諾する前に、購入対象の不動産を入念に調べます。また、購入後に該当する事故や遜色があれば、権利保険会社がその損害に対して支払いをします。購入時の不動産価格まで保証されています。 ハワイ不動産売買中にエスクローが、タイトルインシュアランスをかける手続きを行いますので、買い手自身では、権利保険会社とのやりとりはありませんが、タイトルインシュアランスをかける意味を理解しておきましょう。 ある弁護士が権利保険会社に質問したところ、過去には、保証金の支払いは無いということですので、これは、当然と言えば当然でしょう。物件を調査して、疑わしい物件には、権利保険会社は、タイトルインシュアランスをかけることを拒否するからです。つまり、タイトルインシュアランスをかけた売買には、詐欺などによる売買行為はなかった、また、タイトルインシュアランスをかけた不動産は、全て正当なハワイ不動産であったということです。見方を変えれば、タイトルインシュアランスをかけた不動産売買や不動産自体には、大きな安心があるということであり、反対にタイトルインシュアランスをかけない不動産や売買は、危険であるということになります。よって、広い意味では、売買や不動産の証明するということにおいて、このタイトルインシュアランスが利用されています。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイ

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る