ハワイ不動産と鉄道建設

メール

鉄道建設はハワイ不動産市場に大きく影響を及ぼすものですので、建設状況を把握して、駅前不動産を購入したり、将来のハワイ不動産の価格変動に備えるのもひとつのアイデアかもしれません

ハワイの山

ハワイ不動産と鉄道建設

オアフ島の鉄道建設は随分昔から言われていた課題です。 カポレイやミリラニ、島の西からダウンタウンやワイキキへの車での距離は、たった30分ですが、通勤には、数時間かかるというのが普通です。 早朝からの交通渋滞は想像を絶するもので、各オフィスは就業時刻をずらしたり、ホノルル市は、通勤時間帯と終業時間帯には、渋滞が起きる側の車線を増やす対応を毎日しています。しかし、解消とはほど遠いもので、すさまじい交通渋滞は、現在も続いています。
また、市の車線変更の措置をする車両が壊れたとき、夕刻のちょうど渋滞する時間帯であったので、その渋滞はワイキキまでつながり、ほとんど動いていないようでした。以下は、そのときの写真です。

交通渋滞

ニュースでは、帰宅をあきらめてホノルル中心部に宿泊した人や真夜中に帰宅した人のインタビューがでていました。 このような交通渋滞の解消の切望の先にある解決策が鉄道の建設です。
着工してから、カポレイの不動産は多く買われています。しかし、ここにきて、予算が大幅に足りない、現在の資金なら、パールリッジまでしか来ないという試算をしています。アラモアナまで来なくては鉄道建設の意味はありません。パールリッジまでだけのために鉄道を使う人は、僅かだと考えられるからです。アラモアナまで鉄道が延びたら、その向こうのハワイカイまでというのが、人々の願いですが、現時点ではほぼ不可能のようです。
ハワイ州は、カポレイをオアフ島第二の都市、または、ホノルル市以上の大都市にしようと計画していますが、都市を活性化することだけが、今のところの対策のようです。
当社の賃貸物件に住んでいるある人は、将来はカポレイに住むことを予定して、価格の低いうちに一軒家を購入して家族に住まわせ、ワイキキに単身で賃貸しています。鉄道が完成するまでは、家族とは一緒に住めないと嘆いています。
鉄道が完成すれば、交通渋滞の解消だけでなく、ワイキキやダウンタウンなどホノルル市から東の不動産価格が下落し、カポレイの不動産価格が上昇するということが起こるのは誰の目にも明らかです。そして、駅前タウンが誕生します。今までは、最寄駅から何分という不動産条件はありまえんでしたが、郊外のハワイ不動産物件の説明記載には、必須な事項になる日が来るかもしれません。
また、駅前タウンには、商業ビルや通勤に便利なコンドミニアムが林立して、住宅供給不足を解消できるかもしれません。 鉄道建設はハワイ不動産にことのほか大きな影響を及ぼすものですのですので、状況を把握して、駅前不動産を購入したり、将来のハワイ不動産の価格変動に備えるのもひとつのアイデアかもしれません。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      
ハワイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る