MLSのハワイ不動産検索

メール

あるコンドミニアムが、他のコンドミニアムよりも、とても多い場合には、悪条件があるかもしれませんので、確認しなければなりません。一般的なハワイコンドミニアムの悪条件は、以下の5つです。

ハワイの海

MLSのハワイ不動産検索

MLSは、マルティプルリスティングサービス(Mulitpulu listing service)の略で、ハワイの不動産エージェントは、ハワイのすべての売り物件を知るために使う検索システムです。検討対象や検討中のコンドミニアムの名前を売買エージェントに伝えれば、そのコンドミニアムのビルの売り物件の全てが記載されているMLSリストを提示してくれます。MLSリストには、そのコンドミニアムの全ての売り物件がでています。
部屋番号、価格、借地権つきか土地所有権つきか、広さ、売りに出してから何日経っているかなど、表になっており、売り物件同士を比べてみることもできます。また、市場の動きも把握できます。買い注文が入っている物件の多いのか少ないのか、売買契約されるまでの日数によって、スローな時期か活況を呈している時期なのか把握できるのです。
売り物件のそれぞれには、詳細な説明のページがあり、物件のながめ、設備、部屋の状態、写真が掲載されています。 他の売り物件の価格を参考にして売却しやすい価格を狙い、売り出し価格を設定することもできますし、下降局面で早く売却したい時期に、同じ階の同じ側のながめの隣同士の値引き合戦を目にすることもあります。過去の履歴も把握できます。割安な物件や反対に内装を豪華にした物件などをいくらで売れたという記録も見て取ることができます。
 また、 MLSリストは、地域、部屋数、予算の上限などを入力すると条件を満たした物件が全て表になってでてきます。相場よりも何分の一の安値の売り物件は、借地の期限があと数年である、というような物件や タイムシェアーのように一年を数分割して売りに出すという共同オーナーの権利を購入するというような物件もでてきます。 ですので、物件の内容について必ず、ご確認ください。
 不動産市場には活況期や低迷時期があり、ハワイ不動産市場全体の売り物件の多少がありますが、個々のコンドミニアムの事情によっても売り物件の増減があります。 あるコンドミニアムが、他のコンドミニアムよりも、とても多い場合には、悪条件があるかもしれません。一般的な悪条件は以下です。
・全体的に売り出し価格が高いコンドミニアム
・人気がないコンドミニアム
・近隣の新築ビルの計画でながめがさえぎられる可能性があるコンドミニアム
・売り買いが活発でないコンドミニアム
・大規模修繕で持ち出し金が多額になるコンドミニアム
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイカイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る