ハワイ不動産とVacasaの調査

メール

仲介業者と利益を折半するような数字であっても、違法ではなく、所有のハワイ不動産を最高のコンディションに維持する管理をしてもらえ、最大の収入をもたらしてくれるのであれば、それでもいいのではないでしょうか。

ハワイカイの海

ハワイ不動産とVacasaの調査

ハワイ不動産によって最大の利益を生むためにAirBnBの日貸しが有名ですが、いくつかのバケーションレンタルを請け負う会社も出てきています。その中のひとつ、Vacasaというバケーションレンタル会社の22人の分析チームが、ハワイ別荘の所有者の郵送先住所を特定して統計を出しました。
マウイ島の不動産を購入したアメリカ人のうち、カリフォルニア州のバイヤーは29.7%、ハワイ州のローカルバイヤーは35.6%です。 オアフ島では、カリフォルニア州のバイヤーが10.6%で、ハワイ州のローカルバイヤーは76.7%です。 ということで、他の島もカリフォルニアのバイヤーが多いということです。もっと寒冷地域の人々が購入していると考えていましたが、ハワイ島のバイヤーの5.2 パーセントが、ワシントン州から、モロカイ島のバイヤーの4.5パーセントが、メリーランド州からということで、少ない数字です。ということは、アメリカ人は、避寒の目的でハワイ不動産を購入しているのではなく、純粋にハワイに魅力を感じてハワイ別荘としている、または、順調に上昇しているハワイ不動産に投資する価値を見出しているといえるでしょう。
「オレゴン州のポートランドに本社を置くVacasaは、11月にKaanapali Beach Propertiesを買収してハワイ市場に参入しました。同社は、米国、スペイン、イタリア、チリ、コスタリカ、ベリーズなどのプラットフォームに5,100以上の不動産を運用管理しています。 VacasaはAirbnbとコンセプトは似ていますが、異なります。Vacasaは数千人の地元の人を雇用して、ハワイ別荘を管理し、清掃も行い、バケーションレンタルとして、運用するからです。」
以上のVacasaの会社の紹介も載せられていたパシフィックビジネスニュースの記事を読みましたが、この会社は、ほぼバケーションレンタルを行う不動産会社と同様の業務をしていると言えばわかりやすいでしょう。5パーセントを物件管理費用としてオーナーから、 そして、11%-15%を宿泊者から予約手数料、加えてその他にも経費がかかることで、同業者のTurnkeyというサイトには、その高い経費の比較が比載っています。
http://blog.turnkeyvr.com/truth-advertising-vacasa-telling-truth-fees/
仲介業者と利益を折半するような数字であっても、違法ではなく、物件を最高のコンディションに維持する管理をしてもらえ、最大の収入をもたらしてくれるのであれば、それでもいいのではないでしょうか。つまり、長期契約で一ヶ月5000ドルの家賃で貸していた一軒家をVacasaに管理を任せて、5万ドルの収入があり、Vacasaと利益を折半して2万5千ドルの収入があれば、一ヶ月2万ドルも収入がアップすることになるのです。
SANADAインタ-ナショナル不動産売買
プラスセブン不動産            
代表取締役社長 : 真田俊彦      

ハワイの海

ハワイ不動産

ハワイ不動産投資環境

ハワイ不動産市場や相場

ハワイ不動産売買

ハワイ不動産賃貸

ハワイ不動産の管理や維持

ハワイの一戸建て

ハワイのコンドミニアム

ハワイ不動産の設備や内装

新築コンドミニアム

オアフ島、住宅地<

ホテルコンドミニアムについて

ハワイ不動産の他のトピック

ハワイ不動産のローン

ページのトップへ戻る