• もう、面倒な売り物件の検索は不要です。ワンクリックでご予算内の全てを1ページに写真つきで掲載、毎日更新、35万ドルから200万ドルの売り物件をご参考ください。
  • ハワイ不動産お問い合わせフォーム

  • 1, お名前:(必須、全角30字以内)
  • 2, メ-ルアドレス:(必須、半角40字以内)
  • 3, お電話番号:(必須、半角30字以内)
  • 4, 該当するものを全てご選択ください。 一戸建て   ワイキキ地区 コンドミニアム    ステュディオ(ワンルーム)    1ベッドルーム(1LDK)    2ベッドルーム(2LDK)    新築コンドミニアム    商業・店舗物件    その他
  • 5, ご予算、コメント:(全角200字以内)
  • エラ-がでましたら恐縮ですがブラウザBACKボタンで戻って再度ご記入送信ください。
  1.  
  2.  
  3.  
  4. ご予算内の全ての売り物件
  5. 毎日更新、ワイキキ、カアアコ
  6. 土地所有権つきコンドミニアム
  7. 35万~60万ドル全売り物件
  8. 60万~80万ドル全売り物件
  9. 80万~100万ドル(1ミリオン)全売り物件
  10. 100万~120万ドル(1.2ミリオン)全売り物件
  11. 120万~200万ドル(2ミリオン)全売り物件

毎日更新のオーシャンフロント、ビーチフロントの売り物件

ハワイ不動産マーケット情報、2017年 1月

    新年明けましておめでとうございます。 ハワイ不動産にとって何か大きな事が起きる年であると予想しています。
    昨今の超高額の新築コンドミニアムも誕生があっても、ハワイには大きな娯楽はなく、マリンスポーツをしなければ海をながめるだけです。娯楽の大きな目玉が必要であると思っていましたが、アトランティスホテルがハワイにも建設されると言う事で、名実ともに楽しめるハワイになるかもしれません。これは、間違いなく、ハワイ不動産の価値を上げるでしょう。
    最近のアトランティスホテルに関するニュースによりますと、母体はドバイで、ドバイのコンセプトそのままの建設が予定され、1300室のホテルやコンドミニアムと一大娯楽施設にするようです。もし、成功すれば、ドバイワールド、パームジュメイラの人工島なども建設してほしいものです。彼らの独特の高級感とセンスが素晴らしいのは、アラビア調をとり入れているからです。ハワイ調が海の家であるのに対し、金で彩られた宮殿が彼らの世界です。ハワイ不動産のセンスも変わるかもしれません。
    そして、本年はハワイ不動産にとって、良きにつけ悪しきにつけ大きな動きがあるような気がしています。 過去数年のハワイ不動産市場があまりにもつつがなく推移してきたからです。 そして、明日には、何が起こるのかはわからない危うさが世界にあるからでもあります。 新大統領が就任すれば、アメリカ主導の出来事は方向を変えられますが、あいにく、すぐには、世界の都合を変えることはできません。 今の世界は、がんじがらめになっており、全てがうまくまわっていきませんと、行き詰まりがやってきます。 行き詰まりの先延ばしがいつまで続くのかにもよりますが、アメリカ国民は、大きなツケを払うことになりかねません。 たとえば、何の前触れも無く株式市場暴落ということがあるかもしれません。株式市場が暴落するのは、暴落を仕掛けられている場合と、金融危機が引き金になる場合がありますが、昨今の株式市場は実体経済を反映していませんので、理由がなくても暴落するときは暴落して、世界経済に大きな影響を与えます。それは、日本も同様で、年金をつぎ込んだだめに、仕方なく買い支えられているだけかもしれません。また、リーマンショックのように、大型金融機関が倒産することもあるでしょう。たとえば、ドイツ銀行が破綻しなかったとしても、ドイツ銀行の債権者がアメリカの大銀行であれは、アメリカの大手銀行が消えるということもあるかもしれません。
    しかし、ひとまず、危うさが収まり、現時点では、トランプ大統領の就任によって希望と期待が世界に充満しているはずですが、どこか冷静でいるのは、オバマ政権の「チェンジ(変革」に期待したときの苦い思いがあるからかもしれません。日本に小泉政権が誕生したときを彷彿とさせました。そして、両者とも改悪チェンジの道をたどりました。
    ハワイの変化は、外部からだけではなく、底辺からも起きています。それは、新築コンドミニアムの建設や新たなショッピングセンターですが、それらは、いわゆるニューヨーク5番街のハワイ版とも言うべきものの延長で、大手ブランドショップなどの資金力がある店舗しか開店できません。個人経営の店舗が借りれるスペースは無くなり、隅に追いやられることになります。
    また、時代とともに産業淘汰のスピードが増しています。小売店舗はウォールマートが独走していますが、実際には、世界最大の小売店舗はアマゾンであるとなっています。ハワイから既に書店は消えていますが、小売店はこれから厳しい時代を迎えることでしょう。アマゾンだけではなく、クレイグズリストのような個人と個人での交換がさかんになって、古物商や中古家具専門店も徐々に閉店に追い込まれています。よって、ハワイのみならず、インターネットでのショッピングが増えれば、失業者も増えるのです。 それに引き換え、観光業、特にホテルはサービス業であり、そのホスピタリティーは、人が生み出すものですので、インターネットやロボットに取って代わられることはありませんが、AirBnBのような格安には、負けてしまいます。景気がよければホテルが儲かりますが、不景気ならAirBnBが儲かるという仕組みです。また、タクシー業界にも激震が走っています。Uber(ウーバー)に登録したドライバーと個人が、直接に運賃交渉を行って、目的地まで送迎するというサービスです。レンタカーは、格安の時間貸しもでてきています。
    これからは、インターネットとアイデア次第で、隙間ビジネスが次々と生まれ、既存のビジネスを凌駕するでしょう。一時的には、失業者が増えて景気は徐々に悪くなると思いますが、これらを利用する若者のふところは、潤っていきますので、長い目でみれば景気はよくなるかもしれません。「変化だけが、変わらないもの」この言葉を象徴するような変化がハワイにも起きていると思います。

    ハワイ不動産2017年の展望

    アメリカの世界戦略が変わるのかが、世界の人々の関心です。 新大統領の閣僚人事から推察してみましょう。Rex Tillerson氏が、Secretary of State となり、James N. Mattis 氏やMichael T. Flynn氏などの軍関係者であった人物の名も連らねています。アメリカ軍は、国内で守りにつく、または、海外での覇権支配を目的としないようにしてもらいたいものです。それを彼らはわかっているはずです。
    Secretary of State の地位は、外務大臣などと訳されたりしますが、単なるの外務大臣ではなく、大統領にも匹敵するアメリカの最高権力を所持するポジションと見られており、世界戦略においては最高指揮官です。その最高指揮官に親ロシア派のTillerson氏を据えたということは、そのままを読めば、ロシアと協調していくことを意味します。 これが、現実となれば素晴らしいことですが、みせかけか否かを見極めなくてはなりません。ただ、Tillerson氏は2013年にRussian Order of Friendshipをプーチンより直接授与されました。ロシアのために大きく貢献した人物に贈られたということで、Tillerson氏は特別な親ロ派です。
    ある動画には、世界の政治家と友好的に駆け引きをする技量がある彼に、政治に参加する意図は無いのかとインタビューされています。
    https://www.youtube.com/watch?v=thXsoOHb1E (7:08 - 7:45)
    彼の回答には親しみを覚えます。
    I'm not here to represent the United States Government's interest. I'm not here to defend it nor criticize it, thats not what I do. I'm a Business man.
    「私は米国の利益を代表するためや、批判したりするためにここにいるわけではありません。私はタダのビジネスマンです。」
    世界最大の企業、エクソンのCEOですが、単なるビジネスマンであると、表現しています。 ウイキペディアによりますと、彼の年収は27億円で、彼にとっては報酬の低いSecretary of Stateの地位に就くことになります。何が彼を動かすのか、それは「愛国心」に他なりません。彼の手腕が今後の見所のひとつです。税金が戦争に使われること無く、世界の復興や救済に遣われることが人類のためであり、真の意味で人々の心に明かりがともることになります。そして、引いてはハワイにもいい影響をもたらすと思います。人々は平和なときにリゾートや娯楽、別荘などといったことを考えるからです。 ハワイ不動産に、大きな恩恵があることを希望しています。

    SANADAインタ-ナショナル不動産売買
    プラスセブン不動産            
    代表取締役社長 : 真田俊彦      

    ハワイ不動産を購入して永住権取得EB5プログラム

    eb5永住権取得プログラムの新築コンドミニアム建設予定地
  • 新築コンドミニアム建設予定地で、現在は取り壊し作業が終了間際です。
  • ハワイ不動産を購入して永住権(グリーンカード)を家族で取得できる画期的なプログラムEB5の投資家枠がまだあります。該当物件は2019年完成予定の新築コンドミニアム、アラモアナセンター徒歩10分至便の立地、投資額50万ドルです。詳細は当社までおたずね下さい。
  • 永住権取得EB5プログラムお問い合わせフォーム

  • 1, お名前:(必須、全角30字以内)
  • 2, メ-ルアドレス:(必須、半角40字以内)
  • 3, お電話番号:(必須、半角30字以内)
  • 4, 該当するものを全てご選択ください。 EB5プログラムを全く知らない    概要だけ知りたい    よく知っている    現在の売り物件を知りたい    購入についての詳細を知りたい    よく知っているので今すぐに申し込みたい    その他
  • 5, コメント:(全角200字以内)
  • エラーがでましたら恐縮ですがブラウザのBACKボタンで戻って再度ご記入、送信ください。

1400 Kapiolani Blvd B-43
Honolulu Hawaii 96814

tel 808-957-0080
cell 808-225-5047
fax 808-955-2182
hawaii@plus7corp.com

   tel 808-957-0080   cell 808-225-5047
メール  hawaii@plus7corp.com

    ハワイ不動産の本の情報