ハワイ不動産お問い合わせフォーム

    1, お名前:(必須、全角30字以内)

    2, メ-ルアドレス:(必須、半角40字以内)

    3, お電話番号:(必須、半角30字以内)

    4, 該当するものを全てご選択ください。 一戸建て   ワイキキ地区 コンドミニアム    ステュディオ(ワンルーム)    1ベッドルーム(1LDK)    2ベッドルーム(2LDK)    新築コンドミニアム    商業・店舗物件    その他

    5, ご予算、コメント:(全角100字以内)

    エラーがでましたら恐縮ですがブラウザのBACKボタンで戻って再度ご記入、送信ください。






  ご予算内の全ての売り物件

  毎日更新、ワイキキ、カアアコ

  土地所有権つきコンドミニアム

  35万~60万ドル全売り物件

  60万~80万ドル全売り物件

  80万~100万ドル(1ミリオン)全売り物件

  100万~120万ドル(1.2ミリオン)全売り物件

  120万~200万ドル(2ミリオン)全売り物件


    ハワイ不動産マーケット情報、2016年 12月


    ハワイ不動産市場の本年の動きは、ゆるやかな上昇基調の中、可も無く不可もなく、普通に動いていた市場だったと思います。 大きな経済や金融危機は訪れておらず、ハワイ不動産市場には、それらの不安材料の影響はありませんでした。
    大統領選挙は安堵する結果に落ち着きましたが、これからが正念場です。 難題が怒涛のごとく控えています。 トランプ氏が無事に大統領に就任したなら、彼が、人類を正常な方向へ軌道修正できるのか、はたまた、あやつり人形であるのか、彼の一挙手一投足を固唾を呑んで世界が見守ることになります。
    さて、カカアコは順調に開発を続けており、完成した豪華新築コンドミニアムの評判は、売買市場が決定すると言っていいでしょう。 価格に見合う価値があるのか、売買活発であるのか、再販で利益があるのかなど、今後の市場動向が注目されます。 カカアコの中でも、カピオラニ通りは、開発が目覚しく、新築コンドミニアムの建設計画が通りの両側を埋め尽くす日が近いでしょう。 それほど新築コンドミニアム計画がたくさんあり、中国系や韓国系の開発業者が活躍しています。 個人の中国人のハワイ不動産売買は、これまで多くありましたが、中国系の開発業者の売買となりますと、本年に本格化したといっていいでしょう。 EB5によるコンドミニアムの建設、カポレイからコオリナまでの広大な開発などがありますが、今度は、ウォールマートが 位置するケアモクストリートの向かいに、400室のコンドミニアムと、1階には商業店舗を備えたビルの建設許可が下りました。 やはり、中国系企業による開発です。アフォーダブル(購入しやすい価格設定の住居専用コンドミニアム)で、さらに、高層の数の多いユニットの許可を取得しようとしています。この数日だけで、上記を含む3件の中国系開発業者の動向がニュースになっています。
    1、上記の新築コンドミニアム
    641 Keeaumoku St.
    400ユニット

    2、カピオラニ通りに面した新築コンドミニアム計画
    615 Keawe and 690 Halekauwila streets
    430ユニット

    3、ダウンタウンの近いカカアコ新築コンドミニアム計画
    1356 Kapiolani Blvd and 1338 Kapiolani Blvd
    690 ユニット

    鉄道の終着駅がカピオラニ通り周辺に位置することは、一度は決まりましたが、予算が足りないために、現時点では、空港のむこうのパールリッジまでの鉄道であるということで、アラモアナの土地の収用はまだ行われてはいません。 鉄道の建設用地として収用されるかもしれない土地には、新築コンドミニアムの計画の許可は下りないので身動きができませんが、鉄道が軌道を変えた場合に収用される可能性のある土地の所有者は身の振り方に苦慮していることでしょう。 高く売却するには今なのか、開発業者へ売ったほうがいいのか、自身で開発したほうがいいのかなど、周辺の開発の情報とともに決断をしたということと、資金の潤沢にある企業がアメリカ本土からハワイ不動産の売れ行きに注目したので、いろいろな動きがあるのだと考えています。 ただ、ビルだけが林立する都市は、ハワイには似合いません。収用価格ではなく、市場価格で市が土地を買い上げて、緑を配置して、観光地にふさわしい街にしてほしいと思います。
    日系の開発業者による新築コンドミニアム計画は、今のところありませんが、 Sumitomo Mitsui Financial Groupが、 シェラトンワイキキ、モアナサーフライダー、ロイヤルハワイアン、ウエスティンリゾートスパ、マウイシェラトンなどのハワイのアイコンともいえるホテルを取得しようとしています。$1.5 ビリオンになるということです。日本の企業の今後のハワイへの投資も期待したいところです。また、大きな経済や金融の危機が起きないこと、そして、上昇基調ではなく、横ばい程度に推移して、不動産投資しやすい環境が続くことを願います。皆様、平和でよいお年をお迎えください。

    SANADAインタ-ナショナル不動産売買
    プラスセブン不動産            
    代表取締役社長 : 真田俊彦      



    毎日更新オーシャンフロント12月の売り物件

    ハワイ不動産の価値あるオーシャンフロント、ハワイ別荘として快適で比較的交通事情がいいオアフ島の全ての売り物件をご案内いたします。毎日更新しますので、ご参考ください12月は60軒ほどでております。
    12月のオーシャンフロント、ビーチフロントの売り物件
    11月29日には、カイルアのオーシャンフロントの一戸建て1992年築  価格$4,995,000が出ました。 70,267スクエアーフィート( 6527平方メートル 1.613エーカー)の広大な土地を持つ大きな一戸建てです。

    オーシャンフロント

1400 Kapiolani Blvd B-43
Honolulu Hawaii 96814

tel 808-957-0080
cell 808-225-5047
fax 808-955-2182
hawaii@plus7corp.com

   tel 808-957-0080   cell 808-225-5047
メール  hawaii@plus7corp.com

    ハワイ不動産の本の情報