ハワイ不動産お問い合わせフォーム

    • 1, お名前    :(必須、全角30字以内)
    • 2, メ-ルアドレス:(必須、半角40字以内)
    • 3, お電話番号  :(必須、半角30字以内)
    • 4, 該当するものを全てご選択ください。 一戸建て   ワイキキ地区 コンドミニアム    ステュディオ(ワンルーム)    1ベッドルーム(1LDK)    2ベッドルーム(2LDK)    新築コンドミニアム    商業・店舗物件    その他
    • 5, ご予算、コメント:(全角200字以内)
    • エラ-がでましたら恐縮ですがブラウザBACKボタンで戻って再度ご記入送信ください。


    • もう、面倒な売り物件の検索は不要です。ワンクリックでご予算内の全てを1ページに写真つきで掲載、毎日更新、 35万ドルから3ミリオンの売り物件をご参考ください。
    1.  
    2.  
    3. ご予算内の全ての売り物件
    4. 毎日更新、ワイキキ、カアアコ、アラモアナ
    5. 土地所有権つきコンドミニアム
    6. 35万~60万ドル全売り物件
    7. 60万~80万ドル全売り物件
    8. 80万~100万ドル(1ミリオン)全売り物件
    9. 100万~300万ドル($1-$3M)全売り物件
    10. 300万~5000万ドル($3M-$50M )全売り物件
    11.  

    ハワイ不動産マーケット情報、2019年 2月

      ハワイ不動産市場は、スローな冬のハイシーズンを迎えています。昨年の同時期よりも二割ほど、売買が少なくなっています。気にするほどの数字ではありませんが、売買数が大きく落ち込めば、景気減速、不動産市場の低迷に繋がります。また、価格の上昇幅が大きければ、買い控えが起こりますが、一戸建てもコンドミニアムもその販売された中間価格は、昨年同時期の五パーセントほどの上昇です。十年で二倍になるという物価上昇を考慮すれば、急な上昇ではありません。売買数が減りましたので、在庫が多くなって、選択肢も多くなっていますので、買い手にとっては、買いやすい冬のハイシーズンです。
      さて、ハワイの賃貸では、Airbnbの運用を検討する質問が多くなっています。購入ではなく、賃貸物件を借り上げて、Airbnbで運用しようとする人もでてきています。日本では、許されているかもしれませんが、ハワイでは、賃貸契約に違反した目的での利用は許可できません。
      このAirbnbなどの宿泊施設や違法なバケーションレンタルによって、ホテルの客室占有率がわずかですが下がっていると報道されました。空港では、宿泊や旅行費用などのアンケートが適宜行われており、ハワイ経済への好影響があるなら、違法な宿泊先であっても、目をつぶるような州政府の対応でした。また、ホテルとAirbnbの客層は、異なるので影響はないと思っていましたが、今回はじめて、ホテル業に影響しているということが、明言されましたので、今後は、違法な貸し出しについて、何らかの対策がとられることになるかもしれません。観光業への影響は避けるべきだからです。
      まず、手始めに、現在、行われていることは、指定された税金を払っているかどうかを調査するためにAirbnbに行政召喚令状を提出する裁判所の承認が、求められています。承認されれば、運用者の名前、住所、納税者番号や社会保障番号が政府へ渡されて、正しく税金を支払っていない場合には、罰金を含む厳しい処置が取られることになるでしょう。これまで、Airbnbに関しては、グレーゾーンであると答えていましたが、全期間の収入履歴が開示されれば、完璧なブラックとして扱われ、今までの利益は泡と消えることになるかもしれません。それは、未払いの税金を支払えば済むということだけでは、収まらないかもしれないからです。Airbnbを行っていると疑われたユニットのドアに、土地利用規制に違反している場合には、一日千ドルの罰金を課すという張り紙を見て、この高額の罰金なら、Airbnbを行う価値は無いと思った記憶があります。手始めにと言いましたが、個人の情報の開示は、決定的なことであり、州政府が本腰を入れて、税収を上げようとすれば、鬼に金棒なのです。もし、現在、違法なAirbnbを行っているという自覚がある物件所有者は、潮時かもしれません。
      さて、コンドミニアムは、単なる住宅やハワイ別荘と考えている人には、住空間と素晴らしい眺めに満足するだけでも十分ですが、ミーティングルームや共有娯楽施設がありますので、近隣との交流の場でもあります。いわばコミュニティーとしての役割がありますが、もうひとつ、災害対策の役割を担うことになりそうです。数年前のマルコポーロのコンドミニアムの火災では、被災者は、着の身着のままで生活の場を追われました。ハリケーンの際には、飲料水や生活水の問題もあります。そして、ミーティングルームは、避難所としての役割を担うことになるでしょう。これから建設されるコンドミニアムは、既にそのようなアイデアが盛り込まれて建てられるかもしれませんが、既存のコンドミニアムには、これから災害対策について、話し合いが持たれることになるでしょう。しかし、個人的には、滅多に来ない災害よりも、人口増加による都市計画を整備するほうが先であると思います。ひとつは、交通渋滞であり、現在建設している鉄道が完成しても、解決しない問題です。交通渋滞は至るところで起こり、それによる運転のマナーは悪化傾向で、交通事故も多くなる傾向です。よって、コンドミニアムには、一般に貸せる駐車場スペースを設けて、路上駐車を減らす措置が必要でしょう。そして、最たる対策が、セキュリティーです。特にホテルコンドミニアムでは、必要となる措置だと思います。また、一戸建て地区は、可能な限り、ゲートコミュニティーに変えていくなどのアイデアも考えてもらいたいものです。観光都市としてのセキュリティーの強化も必要です。人口が増えれば、安全は脅かされ、アメリカ本土で起こる類の犯罪が目立つようになっています。至るところに設置された政府運営のBIKIと呼ばれる自転車は、観光客の足として、欠かせないものとなってきましたが、車によるひったくりなどが起きており、犯罪の対象に定着すれば、機能を果たさなくなるでしょう。早急な対策が求められます。一度、大きな犯罪が報道されれば、ハワイの観光業は致命的な落ち込みを余儀なくされるからです。
      なお、「2019年度版のハワイで新ビジネスを開業する手引き」が、電子書籍になりましたので、お知らせいたします。



      SANADAインタ-ナショナル ハワイ不動産売買
      プラスセブン不動産            
      代表取締役社長 : 真田俊彦      

      ハワイ不動産を購入して永住権取得EB5プログラム

    • 新築コンド購入でアメリカ永住権取得 EB5プログラムの詳細な説明ページ2017年版
    • ハワイ不動産を購入して永住権(グリーンカード)を家族で取得できる画期的なプログラムEB5のHawaii City Plazaへの投資は終了し、現在は2軒目のカピオラニ通りに面したホテルコンドミニアムHawaii Ocean Plazaが始まりました。アラモアナセンター徒歩10分至便の立地、投資額は1ミリオンダラー(1.1億円)となりました。詳細は当社までおたずね下さい。
    • eb5永住権取得プログラムの新築コンドミニアム建設予定地
    • eb5永住権取得プログラムの新築コンドミニアム建設予定地
    • eb5永住権取得プログラムの新築コンドミニアム建設予定地
    • 新築コンドミニアム建設予定地
    • eb5永住権取得プログラムの新築コンドミニアム建設予定地

    • 以上の写真は既に投資募集を終了したHawaii City Plazaです。

    • 100万ドル投資額永住権取得EB5プログラムお問い合わせフォーム

    • 1, お名前:(必須、全角30字以内)
    • 2, メ-ルアドレス:(必須、半角40字以内)
    • 3, お電話番号:(必須、半角30字以内)
    • 4, 該当するものを全てご選択ください。 EB5プログラムを全く知らない    概要だけ知りたい    よく知っている    現在の売り物件を知りたい    購入についての詳細を知りたい    よく知っているので今すぐに申し込みたい    その他
    • 5, コメント:(全角200字以内)
    • エラーがでましたら恐縮ですがブラウザのBACKボタンで戻って再度ご記入、送信ください。

1400 Kapiolani Blvd B-43
Honolulu Hawaii 96814

tel 808-957-0080
cell 808-225-5047
fax 808-955-2182
hawaii@plus7corp.com

   tel 808-957-0080   cell 808-225-5047
メール  hawaii@plus7corp.com

「ハワイ不動産」 「開業ガイド」